◆災害時の避難について
中野島ナカノシマ布田フダ地区チク避難所ヒナンジョ一覧イチラン(H25ネン10ツキ1状況ジョウキョウ 収容可能人数ニンズウ       (カッコナイ屋内オクナイ収容シュウヨウ人数ニンズウ
避難ヒナンナガ
災害サイガイ発生ハッセイしても、すぐに避難ヒナン!ではありません。まずは安全アンゼン確保カクホいて正確セイカク情報ジョウホウ収集シュウシュウすること大切タイセツ ガク コウ  ジュウ ショ タイ ゾウ チョウ チョウ
です。避難ヒナン状況ジョウキョウオウじて判断ハンダンします。
したがって、地震ジシン=すぐに避難所ヒナンジョげなければならない」とオモわれているカタオオいようですが、カナラずしもそうではありません。 中野島ナカノシマ中学校チュウガッコウ 中野島ナカノシマ 1-16-1 スゲ1丁目チョウメ一部イチブ菅馬場スゲバンバ1丁目チョウメ一部イチブ生田イクタ1丁目チョウメ、    中野島ナカノシマ1丁目チョウメ 8,012                  (2,528)
自宅ジタク生活セイカツイトナめる場合バアイは、むしろ避難所ヒナンジョくよりは身体的シンタイテキ精神セイシンテキラク場合バアイがあります。
チョウチョウごとに避難所ヒナンジョ指定シテイされていますが、そこにげなければ支援シエンけられないというわけではありません。
指定シテイされた避難所ヒナンジョく道が危険で行くことが出来ない場合は、安全に行くことのできる避難所や広域避難場所等に避難 中野島ナカノシマ小学校ショウガッコウ 中野島ナカノシマ 3-12-1 中野島ナカノシマ中野島ナカノシマ丁目チョウメ中野島ナカノシマ丁目チョウメ中野島ナカノシマ丁目チョウメ、   中野島ナカノシマ丁目チョウメ和泉イズミ 4,672                  (2,047)
してください。
◆避難の場所バショについて 下布田シモフダ小学校ショウガッコウ 布田フダ 23-1 スゲ稲田イナダツツミ丁目チョウメ菅馬場スゲバンバ丁目チョウメ一部イチブ中野島ナカノシマ丁目チョウメ、   布田フダ 3,712                  (1,312)
避難ヒナン場所バショとは
災害サイガイ発生ハッセイしたときに一時的イチジテキ避難ヒナン集合シュウゴウ様子ヨウス場所バショ隣近所トナリキンジョ公園コウエン広場ヒロバなどが指定シテイされることが
多いようです。基本的キホンテキ避難ヒナン場所バショでは給水キュウスイシャ配車ハイシャ食料ショクリョウ配布ハイフオコナわれません。
避難ヒナン所とは(小・中学校の体育館や公共施設が指定) 備蓄ビチクについて
災害サイガイきたトキ自宅ジタクめなくなったヒト被害ヒガイけるおそれのある人たちを一時イチジ受入ウケイれ、保護ホゴし、生活セイカツ 備蓄物資は、防災備蓄倉庫が設置されている学校が独占的に使用できるというわけではありません。
機能キノウ確保カクホができるまで定期間、避難生活をする場所です。 というのも、すべての学校に備蓄倉庫があるわけではなく、各備蓄倉庫に入っている内容も量も違うからです。
防災ボウサイ救援キュウエン拠点キョテンとなり、負傷者フショウシャ救援キュウエン給水キュウスイ食料ショクリョウ配給ハイキュウなどもここでオコナわれます。 災害発生時には、倉庫の無い学校へ、倉庫のある学校から物資を配分します。
広域コウイキ避難所ヒナンジョとは(多摩川河川敷一帯(稲田公園含む))
地震ジシン災害サイガイオヨびそれにトモナ大規模ダイキボ火災カサイトウにより、ヒロ範囲ハンイにわたってオオきな被害ヒガイ予測ヨソクされる場合バアイ、その 防災備蓄倉庫の物資は災害により家屋を失い、物資の確保が困難な方のために備蓄しており、たとえ、避難所
被害からノガれるために指定シテイされている大学ダイガク校庭コウテイ緑地リョクチ広場ヒロバ河川敷カセンジキなどヒロ空間クウカンのある場所バショ で生活することになったとしても、自宅から物資を持ってくることが可能な状況では、持参して、使用していただく
避難所ヒナンジョ原則ゲンソク地元ジモト住民ジュウミンけです。 こととなります。つまり、どんな場合でも市の備蓄物資がもらえるというわけではありませんので注意してください。
都心部トシンブでは、帰宅キタク出来デキなくて避難所ヒナンジョセイとなる場合バアイもありますが、避難所ヒナンジョ基本的キホンテキ地元ジモト住民ジュウミンのための
ものということです。ただし、帰宅キタク困難コンナンシャテキ避難ヒナンする場合バアイには避難ヒナン場所バショをでも避難所ヒナンジョでも利用リヨウ 【家庭内の備蓄】
きます。収容シュウヨウ人数ニンズウ限界ゲンカイがあるなら、移動イドウさせられることもあります。 川崎市では各家庭で3日分以上の食糧や飲料水の備蓄をお願いしています。
 ・ 飲料水(1人1日3リットル)
◆災害時の避難フロー図  ・ 保存食品(お米、パックの御飯、乾麺、カップラーメン、缶詰など)
   食糧は特別なものを備蓄しなくても、普段購入しているもので賄えます。
 ・ その他、人によって必要なもの(粉ミルク、おむつ、医薬品、補聴器等)
日頃から災害時に備え、非常持出品を用意し、必要に応じてすぐ取り出せる場所に保管しましょう。